選択のバイク査定

人気記事ランキング

ホーム > 通勤ラッシュ > 通勤ラッシュのストレスを減らす方法

通勤ラッシュのストレスを減らす方法

勤め人の宿命、通勤ラッシュ。「痛勤」ラッシュと言われる事もありますよね。とてもストレスフルなこの時間。私は、通勤ラッシュのストレスを減らす方法はないものかと、あれこれと思案を巡らしてきました。そして、一つの結論に達しました。  通勤ラッシュのストレスを減らす方法。それは、気持ちに余裕を持つ事、これに他なりません。「当たり前の事だろう」、「ただでさえ忙しい時間帯に、その様な悠長な事言っていられるか」と思われるでしょう。  しかし、毎日遭遇しなければならないこの時間を、少しでも、楽な時間へ変える事は、やれば出来る事なのです。  まず、朝、家を30分は早く出るようにして、いつも乗る電車の数本前の電車に乗るようにしましょう。乗る車両は、先頭、若しくは、最後方から、二両目の車両にしましょう。何故なら、この車両が、最も「空いている」と言えるからです。もちろん、利用する路線によって、違いはありますが、私の観察経験から、概ね、このように言えます。  車両の立ち位置は、可能であれば、開く駅の少ないドアのそば、ドアと座席の隙間に「嵌まり込む」状態が最良です。到着する度に、開くドアが左、右と変わる路線は、殊の外、少ないのです。こうすることで、激しい人の流れの影響を、最小限度に食い止める事が出来ます。  この立ち位置が確保出来なかった時は、逆に、なるべく、ドアから遠ざかり、車両の奥に立ちましょう。七人掛けの座席ですと、三、四人目の前を立ち位置に決めます。これも、人の流れの影響を最小限度に食い止められます。  そして、最も肝心な事。それが、人の流れに逆らわない事です。上記に挙げた立ち位置に立てたとしても、どうしても、乗降客の流れに押し流されそうになる事もあります。その様な場合は、流れに身を任せましょう。必要ならば、一度、ホームに降りましょう。  話は変わりますが、航空機の翼は、上下に撓るように作らています。窓からその様子を見て「もげそうで怖い」と言う人もいますが、良く撓むという事は、激しい気流の中でも、破壊されない、強靭さの証なのです。柳の枝も、良く撓ります。滅多な事では、折れません。「柔良く剛を制す」とは、良く言ったものだと、つくづく思います。古人の知恵に、現代人が学ぶことは多いでしょう。  流れに逆らわず、しなやかな身のこなしで、あなたも、通勤ラッシュのストレスから解放されましょう。

にんにくサプリおすすめ